素朴な疑問

[記・ShiN]

先日のこと
とある、とても親しいお客さんに

「なあ。会社とかエアコン27℃設定とかあるやん?
あれって冷房やと電気代高いし、暖房やったら冷房より安いんやろ?
やったら夏27℃の暖房運転したらいいんやないん?」

思わず

「バカか!んなわけないやろ。
 そもそも電気代は冷房の方が安いし」と、即答


「じゃ、何で?」


・・・
う~~~ん
自分の中じゃ分ってるんだけど、どう説明すればいいの?
思わず自分でも訳の分らない答えを。

その場は、そんな訳の分らない説明で納得して貰いましたが
プロとして自分が納得出来ず、ちゃんとした解答ができるよう少し調べてみることに。



 冷房は室内の熱エネルギーを強制的に室外に放出(室内温度低下)
 暖房は室外の熱エネルギーを強制的に室内に濃縮(室内温度向上)
 させる機能です。

 「冷房」は5~10℃の冷風を、「暖房」は40~50℃の温風をエアコンから吹き出し
 室内循環させて、徐々に設定温度に持っていきます。

 同じ温度でも涼しさは湿度に左右されます。
 冷房は除湿効果があり、暖房はありません。
 梅雨は暑く、真夏はそれ程暑さを感じないのは慣れと湿度が関係します。



こんな感じですかね。参考にしてください。

関連記事

コメント

にがうり

ウーム
それ以前に暖房の方が電気代高い気が…

ShiN

コメントありがとうございます
★にがうり さま

そうなんですよ。その点も含め説明しましたよ。
本文内説明不足でしたね!(補足します)

素人さんは思いもよらない質問をするときがありますよね。
正確な解答が出来るよう心がけてます。

非公開コメント

ShiN

Editor: Manager

ごあいさつ

WELCOME

ShiN

Author:ShiN
Editor: Manager

ごあいさつ

CATEGORIES

BLOG SEARCH

QR CORD

QRコード