神だのみ

[記・Manager]

2月15日 日曜日
年度末まで、もう休み無しか?と予想されてたものの
現場の進行上、急遽休日となったため
これを機に、兼ねてから気になっていた神棚を買いに行きました。

本日は先負、午後は大吉です。

色んなサイトを参考に、場所を決めて

場所を決めて

部屋の広さ(てか、会社の規模?)棚板や一緒にお祀りしたい御札の置き場を考え
お宮は一社宮(いっしゃみや)を選択

神棚を飾り

近所の山に取りに行った山芝を飾り

山芝を置き

神具、お酒・お米・水・塩を置いて

完成!!

完成!



と言いたいのですが
実は、まだ御神体となる御札は入ってません。
左サイドには椿さんでいただいてきた商売繁盛の御札
右サイドには息子が厄年ということでいただいてきた厄除長寿の御札

で、今まだお留守のお宮の中には稲荷神社の御札を―
と考えているのですが

この祀り方ってどうなんだろ??
[神様同士は喧嘩しない]と言われるけれど
今ひとつ分からないんですよね。

たちまち
入口からもよく見え
事務所内も見渡せるよう配置した神棚の前
休日返上で完成図書(電子納品)を作成している主任ShiN

竣工まで残り2週間

事務所に神棚

事故無く終れればいいな。

って
その神様は祀ってないじゃん!
輪抜けや獅子舞でいただいた御札でいいの?
それは何処に祀る?

ここでも又欲張り過ぎか?


ああ、どーしよ・・・

関連記事

コメント

非公開コメント

ShiN

Editor: Manager

ごあいさつ

WELCOME

ShiN

Author:ShiN
Editor: Manager

ごあいさつ

CATEGORIES

BLOG SEARCH

QR CORD

QRコード