工事カルテ(コリンズ)

[記・Manager]

本日、私がすべき準備段階での仕事が無事終了したので
一気に記事に書き留めておきたいと思います。


提出書類のほとんどが契約締結から10日以内、2週間以内ということで
前回の記事の次に行ったのが、初回かなり戸惑い手惑った[コリンズ登録]です。

これもやってみると結構(操作は)簡単で
(だからといって安易に実行してしまうと
訂正の度に費用がかかっちゃいますから内容確認だけは慎重に)
それを避けるためにも1度、登録前に一時保存したカルテを担当者に確認してもらいます。


一時保存→登録実行!

な・の・に!!!

本来ちゃんと実行されると[登録中]と表示されるはずが
出て来た表示は[保留中]

何?!これ!! 

と、ここでパニくり第一波。
何処を訂正(この時点での訂正は課金されません)すべきか、ちゃんと表示されたので
指示通りに訂正。

[登録しなおしてください]なんて書いてあるんで
気を取り直し実行したら

[エラー]

えっ??!  パニくり第二波!

エラーの詳細表示に
「データーが2重になり登録できません。
FAXをお送りしますので、それに返答の上・・・」

そんなところに電話のコール。
とると「ピーーーー」(FAX音。以前のFAX番号は電話番号と同じでした)

あーーーー!!!FAX番号が変わったのを届出してない!!!
パニくり第三波!ってより、もう真っ青です。

そっこー、CORINS本部に電話。これが1番早い!
FAX番号を口頭で伝え、対応していただきました。(やれやれ)

「申請用紙(※申請書のダウンロードページ)を送付の上
ソフトの環境設定で会社データーの訂正をしておいてくださいね。」

ついでなんで、カルテの訂正箇所の確認。

×=担当事務所(部署)名
近年、八幡浜地方局は南予地方局と改名されたのですが
コリンズのデーターがまだ対応していなかったため
発注機関コードのプルダウンのリストにその名[南予地方局]が無かったんですね。
(ちょっと不安を残しつつも)省いてしまったのが、引っかかった原因。

結局、その対処法

「全て手打ちで入力願います」


簡単に終わるはずだったコリンズ登録。
恥を忍んでUPしたこの経験談。

ちょっとした事ですが、ご留意くださいませ。


工事カルテ一時保存

結局、又失敗・・・(あ、でも課金は無しね。せめてもの救い)


今回の反省点

*自社データーは時々、確認(てか、その度に申請を)
*[保留][エラー]表示が出た時には焦らずに指示を待つ(詳細は必ず見る)



少々?緊張しすぎて(神経質になりすぎて)
私がやってしまった(やらかした)こと



当てはまりそうな訂正に伴い申請書を送付。



後日―

「それらについての申請は必要ありませんので・・・」
丁寧に説明された文書とともにFAXで送り返されてきた。

当てはまりそうな・・・大的外れ。
カッコ悪っ!



CORINSについての以前の
★あくまでも[体験談]、専門的な解説等はぜーんぜん無し!
それでも、通しで見たいって方はこちらでどーぞ。

関連記事

コメント

非公開コメント

ShiN

Editor: Manager

ごあいさつ

WELCOME

ShiN

Author:ShiN
Editor: Manager

ごあいさつ

CATEGORIES

BLOG SEARCH

QR CORD

QRコード