One for All

[記・Manager]

今日は長男(大学3回生)達ラグビー部、リーグブロック入替戦でした。
息子たちはBリーグ、今期リーグで勝ち取った来期A参戦のビッグチャンス。
結果はラグビー部のHPで(ほぼ)リアルタイムで発信されます。

時間を見計らってHPを・・・

---『負け』---




息子にメール。
「残念やったね。怪我は無い?」
「前十字靭帯伸びた。程度軽いから大丈夫
「ならいいけど・・・
 にしても3回生がAでやれるチャンスは絶たれたんよね・・・
 そんな意味では最後のチャンスやったのにな。」

どーせなら1番レベルの高いところでやらせてやりたい。
在学中にどうにかAに・・・と願っていたのですが
今期を逃がしてしまった息子たちには最後にあたる来期もBなのです。

さぞかし落胆、無念な思いでいるだろうと思っていたら・・・


「いや、最後に自分らが後輩たちをAに上げてやれればええんよ。」

照れ隠しにか「それはそれで後世に語り継がれるから」と付け加えて。


しっかり【ラガーマン】として成長した息子を感じました。
ラグビーの精神、私はこの言葉が大好きです。

All for One, One for All
(みんなは一人のため 一人はみんなのため)




うちの会社のスローガンに提案しよっかな♪





No4 ロック
1番高い所にいるのが息子。ポジションは[ロック]

関連記事

コメント

バヌアツのカラテマスター 

学生で夢適わなくても社会人で花を咲かせることができるから・・ラグビーは社会人の方が強いし。

夢の続きを見ましょう!

Bako

[ かっこいいなぁ・・・ ]
でも、私は××の在学中のラグビー姿を見る事はないでしょう。
(残念ながら・・・)

manager@MD

コメントさんきゅです
★バヌアツのカラテマスター さま -----------------

ありがとうございます。
大学での部活を通し、たくさんの事を学んでいます。
ステージが変わってもたくさんの夢を見せてくれるでしょう。


★Bako さま -------------------------------------

まだ1年あります。
その気にさえなったら大阪は遠いところじゃないですよ♪

という私も見れる事はあるのかなぁ~
HPの情報に一喜一憂してます。

 

なお

こんばんは!
All for One, One for All
(みんなは一人のため 一人はみんなのため)

いい言葉ですねぇ
ずい分前にラグビーを題材にしたドラマありましたよね
泣き虫先生とかイソップとか…
そのドラマでこの言葉が出てきたけれど
なんつーか、
息子さんの
>「いや、最後に自分らが後輩たちをAに上げてやれればええんよ。」
このひと言で初めてこの言葉の意味を実感したというか…

息子さん、カッコイーよ!
卒業してもぜひぜひ上を目指して頑張ってほしいっす


M@MD

コメントさんきゅです
★なお さん -------------------------------------

ありがとうございます。

そうなんですね。
この「All for One, One for All 」って言葉は
どの団体競技においても唱えられる精神だと思います。
(けど、ラグビーから生まれた言葉だという事はあまり知られていない)
ラグビーはOBが熱いです。そんなとこからもこの精神を感じます。
普段よく使われる「トライする」「スクラムを組む」という言葉もラグビーですよね。
息子は今、言葉の持つ本当の意味を体感してるのだと思います。

そして親は実感 ---
大学ラグビーという厳しい世界で
引き換えに得る物は大きい!


nishimiyadenki

チームプレーを経験している人は、社会人になってもどんな環境でもうまくやれる!って聞きます。私もそう思います。人間は決してひとりでは生きていけない生き物です。ラグビーにはその原点があるんだと思います。
く( ̄0 ̄)ノ ガンバレェェェ!!Boss2世!

M@MD

コメントさんきゅです
★nishimiyadenki さま -----

ありがとうございます。
長男は当時ラグビーで進学するのを非常に迷ってたんですね。
背中を押したのも、そんな思いが大きかったからです。
コレは親がどう頑張っても教えてやれないことだもの。

きっと、大きくなって帰ってくるぞーーー(のハズ)

非公開コメント

ShiN

Editor: Manager

ごあいさつ

WELCOME

ShiN

Author:ShiN
Editor: Manager

ごあいさつ

CATEGORIES

BLOG SEARCH

QR CORD

QRコード